自毛植毛は安全かつ確実

###Site Name###

男性型脱毛症の人の多くは、頭頂部や後頭部など、一部だけの毛が抜け落ちてしまう症状です。


いっそ頭髪全体が抜け落ちてしまえば、スキンヘッドで通せますが、中途半端に後ろや横に毛が残っていると、抜けている部分が特に目立ちます。



このようなタイプの人に、自毛植毛は適しています。

抜け落ちてしまった頭頂部や後頭部とは違って、残っている部分の毛は非常に丈夫で太いことが多いためです。


こうした丈夫な毛を、毛包ごと切り取って薄い部分に植えつけます。
植えた毛は、もともと自分の髪の毛ですから自然です。
ほかの毛と同じように抜けますが、また生えてきます。近くで見ても触っても、植毛したことは分からないでしょう。

大手術には違いありませんが、一度施術を受けるとほとんどメンテナンス不要で過ごせるため、長い目で見ると経済的です。

合成繊維でできた人工毛は、頭皮にとって異物ですので、定着が悪いというデメリットがあります。

抜けてしまうだけならまだ良いですが、合成繊維の一部が頭皮の中に残り、そこから炎症を起こすこともあります。


人工毛を植毛する場合は、安全性に充分な配慮が必要です。


自毛の場合、施術後には一旦抜け落ちる傾向があります。
毛包が生着すればまた生えてきますが、一旦抜け落ちるため、術後すぐに髪が増えたという実感は薄いです。

ビジネス視点で植毛に関する情報の一覧です。

生着率は良いので、抜けた後に生え揃えば増えたと実感できますが、少し時間がかかります。

エキサイトニュースの情報を調べてみましょう。

それでも確実かつ安全に髪を増やせるメリットがあります。