クレジットカードの現金化に注意

クレジットカードの現金化でよく利用されるのが商品券やギフトカードですが、これは実は危険を孕んでいます。

実はこのような商品はクレジットカード会社の利用規約で禁止されているのです。


禁止されているというのは正確な表現ではありませんが、クレジットカード会社はこのような商品券やギフトカードのことを換金性の高い商品と呼んでおり、そういう商品を高頻度に購入していると実際に換金目的でカードを利用していると見なされて、最悪の場合はカードの利用を差し止められることもあります。


ではどうすればよいのかというと、換金性の高い商品を買わないことです。



具体的にはブランド品やゲーム機などが挙げられます。

このような商品は換金性が高いとは見なされていませんから、不審がられる可能性は格段に低くなります。



確かに買い取り金額は若干低くなってしまうでしょうが、カードの利用が差し止められるよりはましと考えて割り切るべきでしょう。
ただし、ブランド品やゲーム機の場合は相場の確認が重要になります。

ギフトカードや商品券と比べると買い取り金額が低くなってしまううえに、買い取り店によるばらつきも大きくなる傾向にあるためで、事前の調査が重要です。

また、いくら高値で買い取ってくれるブランド品やゲーム機とはいっても、同じものを2つ3つと持ち込むと必然的に買い取り価格が下がることも考えられますし、それこそカード会社に換金目的を疑われることにもつながりますから、注意しましょう。