セキュリティーが最高レベルのクレジットカード

クレジットカードの安全性を高めるために、所有者の顔写真がカードにプリントされたクレジットカードが発行されています。

通常のカードには、表面に英語のアルファベットで所有者の氏名が印字されており、裏面に自筆でサインをするというのが一般的です。



クレジットカードで買い物をすると、伝票にサインすることが求められます。

この伝票へのサインと、クレジットカードのサインとを見比べて、本人がカードを利用していることを確認する仕組みです。サインによる本人確認に加えて、顔写真による本人確認が加わるため、カードを盗んだり拾ったりした人が、本人に成り代わって不正に利用しようとしても、すぐに気付かれることになります。



不正利用される可能性を減らしたいという場合は、顔写真がプリントされているクレジットカードを選ぶとよいでしょう。

ちなみに、日本ではカードにサインをしないまま使用している人もいますが、海外では無署名の状態だとカードの利用を拒否されることもあるので注意が必要です。

顔写真による目視による確認のほかに、カードにICチップが埋め込まれているため、セキュリティー対策は最高水準となっています。

ICチップは第三者による不正読み取り、いわゆるスキミングに強いことで知られており、自動車の運転免許証やパスポートにも搭載され始めています。


顔写真がない普通のカードと同様に、発行手数料は無料となっているため、経済的な負担もありません。