クレジットカードとは

クレジットカードとは現金がなくても買い物ができるカードのことです。

クレジットカードはカード会社が消費者に発行し、代金を立て替えて加盟店から手数料を貰う仕組みになっています。

消費者が買い物をした時に加盟店がカード会社に対して手数料を負担しているのでカード会社は利益を出せるのです。



もしも消費者が分割払いやリボ払いで商品を購入した場合も一定の手数料が請求されます。
リボ払いは金利が高いのでカード会社にとっても収益性の高いものとなります。そのためカード会社はリボ払いを勧めてくることが多い傾向にあります。



しかしながら分割払いやリボ払いは借金をしているのと同じですのでよく確認しておきましょう。

カード会社は加盟店から貰う手数料以外にも年会費という収入源があります。年会費は主に付帯サービスに対して使われています。


例えば海外国内旅行傷害保険などはゴールドカードにはほとんど付帯しています。

その保険サービスはカード会社が担当しているのではなく保険会社が担当しています。

またクレジットカードにはキャッシング枠が付いているものもあり、提携ATMで融資を受けることができます。

キャッシングは海外で現地通貨を入手する時などに利用すれば便利な機能ですが、使い方を誤れば借金が増えていくので短期返済を考えましょう。

クレジットカードにも年会費が無料のものもあるので、それを利用して1回払いで支払いをすれば消費者が損をすることはありません。