クレジットカードのデメリットとは

ポイントが貯まる、お買い物の最中に大きな現金を持っていなくても買い物ができるなど様々なメリットがあるクレジットカードですが良いものにはデメリットも存在します。
クレジットカード最大のデメリットはつい使いすぎてしまう人が多いことでしょう。

大抵のカードが、支払いは利用後早くても1ヶ月後の口座引き落としや銀行振込みです。



手元に現金がなくても利用できるのがカード利用の最大のメリットですが、とはいえ支払日には使った金額分を用意しなければなりません。



もし万が一、代金の引き落としができなければ個人信用情報という情報にその旨が記載されてしまいます。

またカード会社によっては複数回の督促に応じなかった場合として、利用額の一括支払い規定を設けている会社もあるので使いすぎによる払えないという状況はなるべく作らないようにしましょう。
また先ほど紹介した個人信用情報ですが、この情報にクレジットカードの支払いが延滞していることなどが記録されてしまうと住宅ローンや車のローンといった他のローンが組めなくなる可能性があります。



また携帯電話会社との契約も断られる場合もあるので、注意が必要です。
クレジットカードのこの他のデメリットとして、複数枚あると管理が難しくなることがあげられます。

もちろん1枚だけなら良いのですが、複数のカードをつい持ってしまうとポイントがなかなか貯まらない、支払日が複数ありすぎて混乱してしまうなどのデメリットもあるのでしっかり管理できる枚数だけ持つことをおすすめします。