何故クレジットカードは現金と同じ値段で使えるのか

何故クレジットカードを使用すると現金と同じ値段で使えるのか不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

現金と同じで余計な手間がかかっているわけですから、現金よりも値段が高くならないと、クレジットカード会社が儲けるところがないような気がしないではありません。



その答えはクレジットカード会社はカードを利用してくれることで儲けるのではなくて、小売店などからの契約料によって収益を上げるシステムとなっているのです。

ですから、カードを利用したからといって、そのお金がカード会社の収益になっているというわけではないのです。



小売店は現金と同様の金額をカード会社から受け取るので、特にどちらでも構わないというシステムです。



ただ、契約料をカード会社に払うので、この分は収益から減るということになるかもしれません。


ただ、それでは小売店にカード会社と契約するメリットがありません。
小売店はカード会社と契約することで、消費者が増えると考えているので、この契約料を払ってでも契約をするわけです。


カードを持っている人であればカードが使えるところでお金を払いたいと考えるでしょう。

そうするとポイントがついたりして、自分にメリットがあるからです。


ですから、カードが使えるようになることで、小売店側には利用者が増える、そのためにカード会社と契約をするということになっています。
消費者はカードが使えるとポイントがもらえるので、その小売店を利用するようになるという関係になっているのです。