クレジットカードの支払いと時効

クレジットカードの支払いには時効があり、5年間とされています。5年にわたって支払いを拒否し続ければ時効となり、もうそのクレジットカードの支払い代金は払わなくてもよくなるのです。


これはクレジットカードに限らず消費者金融のカードローンなども同じです。

もちろん、カード会社側も何もせずに5年間が経過するはずはありません。

督促が行われるでしょうし、担当者が訪問してくることもあるでしょう。

場合によっては差し押さえなどの強制的な方法により支払いを迫られることもあるかもしれません。

少なくとも、普通に会社勤めをしているような人が支払いから逃げ続けるのはプラスよりもマイナスのほうが大きいでしょうから、時効などはあまり考えるべきではないでしょう。



しかし、事実として5年間支払いを拒み続ければ時効を迎えるのです。



ただし、この間にその代金の支払い義務が自分には確かにあると認めるようなことをしては、そこから数えて5年が経過しないと時効にはなりませんから注意が必要です。


例えば、今は払えないけれども3ヵ月後になら払えるから3ヵ月後まで待って欲しいと伝えるようなことは、自分には支払い義務があると認めていることになります。



また、たとえ一部分といえども実際に支払いをすることも、自分には確かに支払い義務があると認めているからこそ一部でも支払ったのだと受け取られることになります。
こういうことをすると、最初から5年ではなくその時点から5年になるのです。