クレジットカードのポイントはどこから来るのか

クレジットカードで買い物をすると、よくポイントがもらえます。
ですが、このポイントはどこから来るのかと不思議に思うこともあるのではないでしょうか。

現金でもクレジットカードでも値段は同じなのに、クレジットカードだとポイントが付くので、かなりお得となるケースが多くあります。
このポイントはクレジットカード会社が負担しているケースもあれば、小売店などのサービスの提供側が負担しているケースもあります。
なぜこのようなことをするのかというと、顧客を囲い込んで、自分たちのお店に来てもらうためです。

カードを利用するとお得ということになると、そのカードが利用できないお店にはいかなくなります。



何故なら損だからです。
このお得感を感じてもらうためにポイントはつけられているのです。いわゆるお客さんを囲い込むためなのです。
現金でもお店側がポイントカードのようなものを作ってスタンプでポイントをくれるようなことをしているケースもあります。
これと考え方は同じです。



ポイント分はお店側にとっては損ともいえますが、お客さんがまたきて買い物をしてくれるのであれば、その損以上の収益が入ってくることになるので、このようなシステムをとっているというわけです。


お客にとってはかなりお得なシステムになっているので、これを利用しない手はないでしょう。



お得感がないとポイントの意味がないので、かなりお得感が味わえるところまでかんばっているのです。