クレジットカードの利用状況は重要です

クレジットカードを所有している人が最も気をつけなければならないことが、毎月の支払日(引き落とし日)です。


引き落としの日に銀行口座に残高がない場合には返済遅延となり、個人信用情報機関にその情報が登録されてしまいます。1回や2回の遅延なら特に問題ないと考えていると、後に新たなクレジットカードを作成したり、車や住宅などの高額なローンを組んだりする時に、思わぬ審査落ちを引き起こしかねませんので十分に注意しましょう。


逆に毎月順調な利用履歴があり、返済も全く問題なく続けているとクレジットヒストリーといわれる、一種の信用度が上がっていくことになります。



このクレジットヒストリーが良好であれば、新規カードの作成が容易であったり、よりグレードの高いカードへのインビテーションがあったりと、さまざまな特典が与えられます。



利用限度額も引き上げられ、より大きな買い物に関しても安心してカードを利用できるようになります。
クレジットヒストリーは数値として個人に示される性質のものではありませんが、一般的に限度額が高ければ高いほど良好なクレジットヒストリーを経てきていると考えて良いでしょう。



これからクレジットカードを作成しようとしている人は、必ず遅滞なく返済を行うことを念頭に置くことが重要です。

クレジットカードは今や生活に欠かすことのできない重要なアイテムとなっておりますので、一度手に入れたクレジットカードは大切に使っていきましょう。