クレジットカードはプロパーカードを選びたい

これから新しくクレジットカードを作成しようとする場合、ポイント還元率を重視するか、付帯サービスを重視するかなど選ぶ基準は様々です。

年会費がなるべく安い方が良いと考える人も多いですが、ポイント還元率が特に高ければ年3000円以内程度の年会費がかかるクレジットカードを作っても割に合います。



特定のお店のみで買い物を行うといった主婦目線の利用であれば、最も良く利用するスーパーが提携する流通系カードを発行することも1つの手です。



しかし、利用するお店が決まっていないのであれば、プロパーカードを選択肢に入れると付帯サービスが豊富に付いていて安心して利用出来ます。


厳密な意味でのプロパーカードは、世界7大ブランドのうち3つしかありませんが、広い意味でのプロパーカードならば、自社発行しているクレジットカードですから、比較的簡単に作れます。利用金額に合わせたポイント還元は共通で付きますが、プロパーカードを選ぶと付帯保険の充実度の違いに驚かされるでしょう。

ショッピング不正利用に対する保険だけでなく、旅行傷害保険やシートベルト保険まで付帯されているクレジットカードも少なくありません。



カード会社が自ら発行するクレジットカードならば、トラブル発生時の対応が充実しているので、普段は意識しない緊急時に差がつきます。

提携カードは特定の店舗で利用するために持ち、メインで使うプロパーカードを作っておくと安心して利用できます。